スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさら「ワイルドアームズ」クリアッ! 

有名作なのにまったく手をつけてないシリーズッ!

魔法少女リリカルなのはA's PORTABLEの開発、
ウィッチクラフト代表でおなじみの金子彰史の出世作にして
なるけみちこの看板タイトル、荒野と口笛のRPGッ!

当時はOPテーマに衝撃を受けて中古で勝ってはみたものの
ゼルダクリアしてないのを思い出してOP見て満足して積んでましたッ!

で、本編評ッ!

全体として、当時のポリゴンブームに乗っかったローポリゴリ押しな戦闘グラを除けば大きな冒険をせず、他作品の良い部分を上手く寄せ集めた秀作といった面持ち。とはいえ、ありそうであまりない西部劇を基調とした世界観や独特のセリフ回し等、以降シリーズに引継がれていく要素は味わえる、まさに第一作目ッ!結局使えるものは限られるが取得順を選択出来る魔法システムは面白いッ!

ストーリーも変化球は投げず王道ッ!
ケレン味溢れる演出と臭いセリフ回しは独特ッ!

音。
なるけのわりにおとなしい印象。な気がするんだけどそうでもないような
なるけ、結構好きなんだけど身内にプロ渡り鳥がいるもんでなんともいえないんですよね。
マカロニマカロニした他に無い良曲が多いなぁッ!

世界にひとりぼっちとOPは一聴の価値ありッ!

荒野の果てへは時の傷痕に並ぶPS屈指のOPッ!  (口笛イン)


ッ!ってつけただけで俺っぽくなくなる。面白いなこれ。

スポンサーサイト

アルトネリコ3 

アルトネリコ3

気がついたらあった。こいつもう駄目だな。


というわけでネタバレ無し諸感を。

 なによりもまずサウンド。こればっかりは流石に良い。
志方あきこのお陰で成り立ってると言える程には。好みによるところが大きいけれど、アコースティックなニューエイジ系は個人的にはアリ。志方あきこはうみねこ的なゴスロリっぽい曲よりもこっちの方が向いている気がする。アイテム調合BGMもヒロインによって微妙に異なっている等、細かいところに芸が光る。

 注目の戦闘音楽は独特のシステムを採用しているだけあって力は入っているが、序盤なだけあって敵が脆く満足に曲が聞けていないことが残念ではある。もっと硬い敵が欲しくなるのは他のRPGには無い感覚か。戦闘行動によって曲調が変わっていくのは実際に面白い。RPGの顔でもある戦闘曲を固定しないのは一つの勝負、案外うまくいっているのでは?

 では戦闘システムはどうか。
ガスト、その一言に尽きる。

 相変わらずレーヴァテイル頼りのバランスは背景的にしょうがない。
バランスより貧相なインタフェース、加えてシステム的に視線が右下に行きがちでHP管理がおざなりになるのが辛い。戦闘導入時のロードも残念だが、前情報でテンポ悪くするだけにしか思えなかったレーヴァテイルが脱いでパワーアップするパージシステムが思いのほか一瞬なのは悪くない。3Dフィールドなのにカメラワークがレーヴァテイル中心で敵位置を認識しにくいのも面倒、これならミニマップが欲しかった。



 曲以外の演出も貧相。特に移動のふわふわ感は気に障る。一枚絵仕様の背景は綺麗ではあるが、3Dマップは背景との落差が大きい。移動時の足音位はしっかり作って欲しかった。いろんな意味でガスト。


 完全に好み依存だがそれだけですべての不満を無に帰すキャラクター。
ヒロインがどうとか言う以前に、1の糞主人公と違って好感が持てることが大きい。声のせいでシロウにしか見えないのはご愛嬌。サキとフィンネルはまぁ、可愛いんじゃないんだろうか。レーヴァテイルとムスメ調合の由来であるダイブシステム、あいかわらずキャラクターの内面を描写する舞台装置としてはかなり優秀だと思う。

ネタバレ防止にこのくらいで。

総評としてはキャラゲーだし、ということでひとつ。

PS3である必要ないだろ、とは思うが
戦闘音楽の素材に2GB入ってるんですと言われれば納得はできる。


どうにもあれだ、レビューを書くと否定的な記事になるのは良くない癖。
たまには曲はよかった以外の感想言えんもんか。

いまさらファイナルファンタジー3 DS 

けもこも屋を知ったとき、てっきり導師本屋さんだと思ってたのに
戦闘員の人になにそれ言われてちょっとがっかりだった導師でおなじみのFF3クリア。


ファイナルファンタジーIII
FCの名作としてFFシリーズでも根強い人気を誇るファイナルファンタジーⅢ。
ジョブシステムの基礎、糞長いラスダン、先見の猫耳で知られる。




ストーリーは割愛。
キャラクターも割愛。FFだし。

システム。
ジョブシステムの基礎を築いただけあって、パーティ編成を考えるのが面白い。
DS移植にあたって各ジョブの編入順を含めてバランス調整が行われ、完全な上位互換が少ないのも良。ただ、ハードスペックの制限から敵の同時出現数が少なくなり、代わりに一体当たりの強さを上げるという形で戦闘バランスを調節しているため、相対的に全体攻撃、黒魔法や召還魔法の価値が下がっているのは残念だった。各種ぼうのお陰で道中は劣化白魔に。ここはもう少し優遇するなり調節出来たとは思う。

wikiや身内とずらすことを前提に結局最終パーティは忍者、賢者、導師、戦士


サウンド。個人的には懐古補正がかからないFF3。
陳腐だけど、やっぱり植松凄い。アレンジ的にも電子音曲の生楽器音化は良い。

終盤の曲を褒めるのもまた順当過ぎて面白みが無いけど、重い弦で荘厳な禁断の地エウレカ、ラストダンジョンに相応しいクリスタルタワー、静と動のコントラストが良い闇のクリスタルと畳み掛けるような名曲続きは流石に良かったとしか言えない。

戦闘曲も
今聴くと何故かグッコーとガルーダのイメージしか沸かないが、バトル2
最後の最後でこのアレンジか、と懐古心をくすぐる電子音中心のラストバトル3
と流石のうえまつ。

他にも
Ⅲの代名詞の悠久の風をはじめ、山頂への道、エンタープラズ海をゆく、巨大戦艦インビンシブルあたりが印象に残った。

パーカスがコミカルな感じの4人組じいさんのテーマやウネの体操も良。
こうして見ると少なくともⅣあたりよりサウンド的に好みなんだろうか。




総評として
DS移植2本目のⅣほどではないが良移植。ジョブチェンジシステムはやっぱり面白いし
難易度設定も悪くない。ドット絵電子音至上の懐古屋ではないなら。


性格的に結局案牌な編成に落ち着いてしまうんだけど、
それでもパーティ編成考えるのは面白い。

いいじゃないか器用貧乏の赤魔ポジション。ウォーテクター的な。

FF3 DS版メドレー (修正版) 前編
FF3 DS版メドレー (修正版) 後編

積みゲー消化二本目。
大体終盤で投げてあるので消化は早い。次はP3か零3かAC6か。

ツヴァイⅡ クリア 

浮遊大陸イルバードを舞台に2人の主人公が繰り広げる冒険ファンタジー

ファルコム作品

ZWEI II ツヴァイ2 限定特典版
初めてファルコム作品をクリア。という訳でちょっとレビューを。
イースも空の軌跡もぐるみんもやってないのにこれを選んだ理由は不明。


 ストーリーは王道。浮遊大陸に荷物を運んでいた主人公が謎の竜に攻撃をうけ、瀕死のところをメインヒロインの吸血鬼との契約で以下略といったイントロで始まるストーリーはまさによく言えば王道、悪く言えば手垢のついた感じ。しかし王道ながらそれを飽きさせない、やれやれはいはい感を抱かせないのは流石ファルコムか。前作とのつながりはあるものの、プレイしていなくても問題ない程度。

 キャラクター。熱血直情で鈍感な男というテンプレな主人公に、数少ない吸血鬼の真祖の生き残りであり、年寄り言葉で世間知らずのお嬢様かつゆかなで必要ないのによく食べるといった、まさに絵に描いたような吸血鬼のメインヒロイン。このタイプのヒロインで高飛車ではないのが個人的には目新しいといえば目新しいものの、やっぱり王道。

 サウンド。ファルコムだけあって全体的に良い。しかし否が応でも良く聴こえてしまう物語終盤のメインテーマアレンジを除けばこれ、というものは無かった。総じて安定感はある。

 なにより秀逸だったのはシステムまわり。回復アイテムの使用によりレベルが上がる独特な経験値システムをはじめ、コンソール配置をvistaサイドバーのガジェットライクにプレイヤーの好みで変えられるシステムなどはワイドモニタ推奨になるものの非常に好評価。フィールドマップとダンジョンの関係も良く、PCゲームらしいロードの速さもあいまってストレスは無い。戦闘も爽快感を前に押し出したバランスとなっていてさくさくプレイしたい場合に向いているだろう。それなりにやりこみ要素もあるのでヘビーユーザにも。

不満点としては
ボス戦では主人公が空気
謎解きがおまけ程度
ゆかなの最強装備がセーラー服

といった感じ。
総評としてはさくさく爽快なアクションRPGがやりたいなら。
全力で、とはいかないものの割りとおすすめです。

Ensemble Studios消滅? 

え?ほんとに?

4亀
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20080910015/

ESOどうなるの?次期パッチは?4は?

AJCにはまだポストされていないものの、海外フォーラムには関連ポストがちらほら。

AgeSanctuary
http://agesanctuary.com/index.php?portal=TAD&showtopic=114013

Age of Empires 3 Heaven
http://aoe3.heavengames.com/cgi-bin/forums/display.cgi?action=st&fn=30&tn=51


4gamerでは情報が薄いのでソースサイトや各フォーラムを見ると
・MSの方針でRTS開発チームを解散するらしい
・HALO WARSチームも解散の対象だが開発は続行される。早くとも来年を目処に発表?
・AGE OFシリーズ等ESのフラグシップタイトルに関しては言及されていない
・ESスタッフの有志が新レーベルを立ち上げるかも?

とかなんとか。ただの噂ならいいのですが。

詳細はソースを参照して頂くとして
AOE3プレイヤーとして非常に不安な状況です。

ファンタシースターポータブルあれこれ 2 

シフデバよろ
うぃうぃ☆

アイスアイスアイス
>みんな


なんだかんだでLvカンスト、タイプレベルもPT以外カンスト。
というわけでじっくり80時間PSP触った感じ。

主にドロップ関連




何だかんだ言っても
並みのRPGなら2本位クリア出来る程の時間遊べてる訳だし、基本的には面白い。単純なハック&スラッシュゲーだが単純なところに良さがある。レアを求めて何周も何周も同じステージを周回して、ついにねんがんのレアをてにいれた時のカタルシスは一度味わうと病みつき。

レアドロップ率
ざくざくレアが出すぎるのでヌルゲーかと思ったが、流石に最強クラスのドロップ率は良い感じ。それぞれ20周位はしたが、サンゲヤシャもガルドミラもスプレッドニードルも出ない。赤箱出た。屑レア。うわああああの感覚にはPSUには無かった懐かしいものを感じた。現物ドロップは偉大。

現物といえど
主に期待できるレアがボス箱のみというのはいただけない。道中は完全作業。ドロップ率が低くても道中にも良レアあれば多少なりわくわく出来るのに。赤スラ、赤花みたいな。今回ラッピーやジャッゴあたりのレアエネミー出てもあんまり嬉しくないんだよなぁ。

拾って嬉しいのは
結局PSO武器とネタ武器だけ。DB!ヴァリスタ!ぼろぼろ出たなぁ、ファルクロー懐かしいなぁ、てな懐古補正は大きいが、正直PSUのよくわからんネーミングの武器は嬉しくない。なんつーか、な。性能的にもPSO武器が最強クラスになっているのも良いには良い。

ただ
称号報酬が最強武器になっているものもあるのはどうかと思う。最強武器は掘ってこそ面白いと思うのだけど。特にグレネード、あれは酷い。他レアに比べて圧倒的に強いにも関わらず、弾を撃つとSEGAファンお馴染みのセーガーのSEが流れるネタ武器。ネタ武器にはネタ武器の2,3回使って飽きるか、変な奴がたまに使ってるのを見るというポジションがあると思うんだけど、これを最強武器に据えたソニチのセンスには脱帽。





なんつーかなー、素材は良いんだよ。
PSOから受け継いだ部分は良いし、防具と服装を分離した点やキャラクタークリエイトは良い進化だと思う。特にキャラクリはガチムチゴリラしか作れない某アクションに負けてない。

これで料理人の腕が良ければなぁ。

ファンタシースターポータブル体験版フラゲ所感 

B0012G88LYファンタシースターポータブル
セガ 2008-07-31

行こう、限りなき冒険の宇宙へ。

モンハンからの移行組に狙い澄ましたCM・発売時期・パッケージ!
バランスボールで培ったバランス調整は期待大!

見吉隆夫のファンタシースター、

見吉隆夫のファンタシースターをよろしくお願いします。

大切なことなので二度言いました。

ファンタシースターポータブル公式サイト

続きを読む

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット 感想 

待たせたな!というか遅すぎる気もするのは置いといて

ついに出たPS3キラータイトル『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(通常版)
ジジイ渋すぎ。
 
TPSならバイオハザードシリーズと双璧を成すであろうメタルギアシリーズの最終作です。
久々な気がする素直にテンション上がる新作として期待してました。

結局硬派なゲームの方が性欲をもてあまさあせて売ろうとしない分面白い気がするんですよね。いや性欲をもてあますゲームはそれはそれでいいんだけど。

 一言で言うなら1~3やってるなら買っとけといった感じ。過去作品をプレイしたことのある方ならニヤニヤできる要素がそこかしこにある反面、完全に一見さんお断りといった作りになってましたね。2程ではないにしろ固有名詞が多くてストーリーを理解するのに事前情報無しではしんどいものがあります。

  アクション面
 メタルギアと言えばスニーキング、ステルスゲームを確立した作品として有名ではあるものの、今作ではいまひとつな感が否めなかった。過去作品に比べて潜入している緊張感が薄かった気がする。

  映像面
 流石の出来。いいセンスだ。ただ正直、長い。長すぎる。最近の某大作RPGがムービーの合間をプレイさせられてる感じと評されてたが、そんなレベルじゃない。それはおいといて、細かいところまでの作りこみまで非常に良かった。視点が動かせるシーンであれ今何か見えなかった?的な部分とか。特に老人の描写は恐ろしく良い。

  システム面
トロステーションで小島監督が言ってた通りTPSにもFPSにもなるという仕様。オートエイムはいいとして、武器構え→主観の手順を固定で主観にできる機能も欲しかった。新要素オクトカムは少しOPな気がする。オクトカムのフェイス版も性能は良いが格好悪いので使えたもんじゃない。あと通販システムは便利すぎる。いつでも弾の補充ができるゆとり仕様。


以下ネタバレあり

続きを読む

SNKプレイモア 携帯アプリ 「Days of Memories 僕と彼女と古都の恋」 




潜在超必で騎乗位で喘ぐ妹系ロリとかムツベが異様に性能良いアイヌ系ロリとか
立C+6C+214B+6D+623Cで鉄板の氷系クーデレロリとかに歓喜する訳ですねわかります。

Days of Memories
Days of Memories2

DS版2本も出てんのな。SNKプレイモアやっぱすげぇな。

国語教師京、数学教師庵、体育教師テリーだとか
ギース商事「ギース・ハワード」、悪徳政治家「ヴォルフガング・クラウザー」
とか見ると馬鹿っぽくて少しやってみたくなるから困る。

アコギでゲーム曲を色々演奏してみた 


エイトメロディース、時の傷跡、風の憧憬なんかの定番から
ダーククロニクル、WA、FF3

聖剣伝説レジェンドオブマナやっぱいい。
下村陽子いい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。