スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UMPC用firefoxまとめ 

UMPCの調子が悪くなってきたので動くあいだにメモ


アドオン一覧

Adblock Plus
広告除去

All-In-One Sidebar
サイドバー拡張

Ank Pixiv Tool
pixiv補助。主にフルサイズ表示用。あまり使わない。

Auto Auth
認証ダイアログをスキップして自動ログイン。忘れてたけど機能してるのかこれ。

autoHideStatusbar
ステータスバーを隠す。縦の表示領域が小さいUMPCには必須。

Compact Menu 2
メニューバーを1ボタンに集約。上に同じく必須。

Coral IE Tab
タブのエンジンをIEに切り替える。IE TABの改良版。地味に便利。

Default FullZoom Level
ページズーム率の記憶。サイトによっては便利。

Download Statusbar
ダウンロードマネージャの代替。PC問わず必須。

FireGestures
マウスジェスチャサポート。

Fission
マウスオーバーでリンク先アドレスをアドレスバーに表示。ステータスバーを隠すなら必須。

Gmail Manager
Gmail管理。

GMarks
グーグルブックマークをサイドバーで表示。階層管理。複数PCを使いまわす場合に。

Greasemonkey
スクリプト拡張機能サポート。必須。グリモン関連は別途記載。

Make Link
リンク作成。

RefControl
リファラ偽装。画像直リンを弾くFC2等の画像をgoogle readerで表示できる。

Status Buttons
ステータスバーにツールバーボタンを配置。普段使わない機能を配置して隠しておく。

Tab Mix Plus
タブ機能拡張。必須?

テキストリンク
リンク化されていないURLをダブルクリックで開く。h抜き対応。

以上。もう少し軽量化した方がいいかもしれない。




Greasemonkey一覧

AutoPagerize
とりあえず必須。

G+?B
google検索結果に被はてブ数を表示。国内最大手ソーシャルブックマークはてな。有用度の参考に。

pixiv puls
pixivサポート。機能は参照。

pixiv images direct link
サムネイルにフルサイズ画像への直リンを追加。

Pixiv Ajax Favorite
Pixivの絵の上にAjaxでお気に入り追加できるメニューを追加

pixiv拡張が多いけどほぼいらない。


テーマ

Classic Compact
一択。




これでブラウザについてはほぼ再現できるはず。
設定関係はどこをどういじったか覚えてないので検索安定。

スポンサーサイト

そういえばAOE3のアカウントなんて持ってたなぁ 

12th AJCL ONMゲー



うるみん


乱戦


携帯機だったらもうちょっとやるのに。

指ふやけた 

伊香保まで温泉入りに行ってきました。

2c0204dd39d6369a1d97044ec22bcd59.jpg

ひなびた温泉街でした。




『MAG』の256人対戦で味方128人が一堂に会するとこうなる
戦いはなんとか。RTSとFPSの合いの子みたいなバランスになってるなら面白そうだ。FPSからアクション要素とっぱらったただのお祭りゲーな気もする。

『ラブプラス+』『ブレイブルーCS』の存在が明らかに!
ラブラブプラスかラブプラスプラスかとは思ってた。
ブレイブルーとかあったなぁ。ストーリーだけ追ってみようかな。

有名ゲーム作曲家 100人まとめ
大半知らん。畑亜貴って男じゃなかったのか。
太田順也が本名で出てるけど、元コンポーザだったの?

前田有一の超映画批評 『涼宮ハルヒの消失』80点
オススメよりダメダメが観たくなる不思議な超映画批評。エヴァ破 85点、イノセンス 70点、時かけ 70点ときての80点。少なくともあれよりは見てみたい。





まだちょろちょろやってるけど
相手の心証考えだすとポケモン糞ゲーでしかない


そろそろ世界樹までの中継ぎが欲しいところ。

アルトネリコ3 

アルトネリコ3

気がついたらあった。こいつもう駄目だな。


というわけでネタバレ無し諸感を。

 なによりもまずサウンド。こればっかりは流石に良い。
志方あきこのお陰で成り立ってると言える程には。好みによるところが大きいけれど、アコースティックなニューエイジ系は個人的にはアリ。志方あきこはうみねこ的なゴスロリっぽい曲よりもこっちの方が向いている気がする。アイテム調合BGMもヒロインによって微妙に異なっている等、細かいところに芸が光る。

 注目の戦闘音楽は独特のシステムを採用しているだけあって力は入っているが、序盤なだけあって敵が脆く満足に曲が聞けていないことが残念ではある。もっと硬い敵が欲しくなるのは他のRPGには無い感覚か。戦闘行動によって曲調が変わっていくのは実際に面白い。RPGの顔でもある戦闘曲を固定しないのは一つの勝負、案外うまくいっているのでは?

 では戦闘システムはどうか。
ガスト、その一言に尽きる。

 相変わらずレーヴァテイル頼りのバランスは背景的にしょうがない。
バランスより貧相なインタフェース、加えてシステム的に視線が右下に行きがちでHP管理がおざなりになるのが辛い。戦闘導入時のロードも残念だが、前情報でテンポ悪くするだけにしか思えなかったレーヴァテイルが脱いでパワーアップするパージシステムが思いのほか一瞬なのは悪くない。3Dフィールドなのにカメラワークがレーヴァテイル中心で敵位置を認識しにくいのも面倒、これならミニマップが欲しかった。



 曲以外の演出も貧相。特に移動のふわふわ感は気に障る。一枚絵仕様の背景は綺麗ではあるが、3Dマップは背景との落差が大きい。移動時の足音位はしっかり作って欲しかった。いろんな意味でガスト。


 完全に好み依存だがそれだけですべての不満を無に帰すキャラクター。
ヒロインがどうとか言う以前に、1の糞主人公と違って好感が持てることが大きい。声のせいでシロウにしか見えないのはご愛嬌。サキとフィンネルはまぁ、可愛いんじゃないんだろうか。レーヴァテイルとムスメ調合の由来であるダイブシステム、あいかわらずキャラクターの内面を描写する舞台装置としてはかなり優秀だと思う。

ネタバレ防止にこのくらいで。

総評としてはキャラゲーだし、ということでひとつ。

PS3である必要ないだろ、とは思うが
戦闘音楽の素材に2GB入ってるんですと言われれば納得はできる。


どうにもあれだ、レビューを書くと否定的な記事になるのは良くない癖。
たまには曲はよかった以外の感想言えんもんか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。