スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PERSONA MUSIC LIVE 

PERSONA MUSIC LIVE velvetroom in AKASAKA BLITZに行ってきました。
アカサカサカス初めて行ったよ。案外狭いよ。

俺はもう喜多修平のカードをどのタイミングで切るか楽しみで楽しみで。
即4カード∞喜多修平とか開幕喜多修平切りの喜多Rとか尖がった戦略を期待してたのに、実際は時代?の中盤で喜多切りというフツーのゲーム展開で少し残念だった。

しかし
一曲だけ歌ってエンディングまでフェードアウトする喜多修平
数少ないトークはきょどりまくってる喜多修平

これは面白過ぎて少し応援したくなる。ペルノグラフティとか言うな。


巡回



“和”と“間”で魅せる、秀逸なホラーアドベンチャー 零~月蝕の仮面~
あーこれはリモコンありかもしれない。やりてぇ。

実況「おや?室伏どうした?室伏の様子がおかしいぞ?!」
そういやオリンピックっていつ終わるの?

室伏「北島君の半ケツ画像ください」
オリンピック見てんなぁ。

十数億円かけて、ネットパトロール強化  「れんこん」「すずめ」隠語にも対応
この手の国営事業って成功例を見たこと無い。国産ブラウザどうなった。

映画『20世紀少年』“35点” 「原作が映画向きではない」「60億円かけたゴミ」
あーやっぱりかぁ。




 初めてこの手のライブ行ったけどさ、確かに凄いな。当然だけど音響が素人が小銭出した程度のものとは次元が違いすぎる。PPPHが出来ないような曲ばっかなので普段聞く話とは少し違うんだろうけど、確かにすごい行きたがる人の気持ちも解る。この音響は金出して聴きたくなるし、CD収録版との微妙な違いを探すのも面白い。あれ?今のパート、トランペットリフ入らなかったっけ?みたいな。

 あと二階指定席と一階立ち見の空気の違いが凄かった。喜多修平に縦ノリなんて出来るはずも無いので二階指定席でほんと助かった。トリニティソウルのファン多いんだろうなぁ。

 目黒将司に関しては大方満足。場所がTBSのお膝元なのでトリニティソウル濁になるかと思ったけどそんなことも無く、ベルベットルームの演出も凝ってて良かった。
 ただChanging Seasonsとかアレンジ版のLiving with Determinationはトリニティソウルを削ってでもやってほしかったなぁ。むしろこれに期待してただけあって残念。

MCぐだぐだの目黒将司おいしゅうございました。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。