スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさら「ワイルドアームズ 2ndイグニッション」クリアッ! 

有名作なのに1だけクリアしたシリーズ。

ワイルドアームズ1に続いて2ndをプレイッ!

ひょんなことから黒騎士ナイトブレイザーに変身できるようになってしまった主人公、アシュレーが世界征服を企むテロ組織「オデッサ」との戦いを通し、仲間達と共に紡ぐ「英雄とは何か」を問う物語。

と、これだけ書いてみると”ひょんなことから”という表現が安っぽい特撮モノの紹介文にしか見えない訳で

本編中にも特撮モノを彷彿させる演出やエピソードが盛り沢山、金子彰史の趣味全開のケレン味たっぷりな雰囲気になっています。とはいえ前作と同じく舞台はファルガイア、雰囲気は全く違うし、用語の使い回し以外に共通点の無いパラレル世界であるにも関わらず、「あぁ、これはワイルドアームズだ。」と納得させる不思議は流石としか。

過剰演出とも取れるケレン味たっぷりとしか言いようの無い演出は評価の分かれる部分。
ワイルドアームズといえば荒野と口笛とケレン味と『ッ!』な感じなのでこれはこれで、といった印象。

シリーズ内でも評価は高いらしい。
個人的にも1stより面白いと思うのです。

 ストーリー
特撮ノリの中で英雄とは何かを問うことに終始する物語。一般的に美しく描かれる英雄像に対し、キャラクターそれぞれの切り口から語る構成は、RPGに慣れているほど考えさせられる、良シナリオ。全体を見ると王道中の王道、その中にあって主流に対するアンチテーゼというか、メタ要素を含んで見せるのは上手い。
メインヒロインが実家のパン屋から出てこないのは珍しい。

構成上致し方ないが、進行がお使いイベントの連続に感じてしまうのは難点。


 サウンド
ストーリーを盛り上げるサウンドは前作同様なるけみちこ。
特撮ノリに合わせた派手なノリの曲が多く、街やダンジョンに良曲が揃う。お気に入りは西風の吹く街。戦闘曲で印象に残ったのはシステムの影響もあってVS ロードブレイザーと、特徴的なVS トカ・ゲー位。(口笛イン)


 システム

戦闘中にPT入れ替えできるのは久しぶりな気がする。
基本的には前作同様、おいしいところを集めてきた感じ。ラーニング、魔石システム、サガ系列の閃き等。ARMに強化限界が付く等、独自システムも改良。

前作との変更点でMPが廃止され、FPゲージが一定量貯まれば設定数値以下のアビリティはノーコストで使い放題になったのは大きい。MPが無いため、道中の回復は消費アイテムに依存するが回復アイテムは中盤まで市販されない。この点から序~中盤の難易度が大幅に上がっていて、雑魚戦がぬるい一方でボス戦は非常に厄介なのに拍車をかけ、手応えは十分にある。

しかし終盤になると潤沢な回復アイテムに加え、使い放題なアビリティのお陰で雑魚は作業ゲー。エンカウントキャンセルができるのは救いだが。一方のボス戦も、道中の損耗が無い上アシュレー君の強化が著しいので難易度も下がる。前半と後半で印象の変わるバランス。


という訳でWA2でした。良作。
 
なんの気なしにプレイしたけど、まさか今年のPRESS STARTの演目とは。
西風の吹く街に期待。今度の口笛やいかに。

以下ネタバレありキャラ評。

 


キャラクター

PT
アシュレー・ウィンチェスター
英雄を目指す青年。
空気になりがちな主人公。変身強すぎ。トカ&ゲーとの絡みでは光っていた。

ブラッド・エヴァンス
英雄と呼ばれた元レジスタンス。
序盤は頼りになるがアシュレー君に火力で抜かれてスタメン落ちな筋肉ゴリラ。

リルカ・エレニアック
英雄である姉に対する尊敬とコンプレックスを抱く魔法少女。
お姉さんを出せ。14歳らしいけど、お姉さんは15歳以上か。お姉さんの通り名、「エレ二アックの魔女っ子」ってその年でか。

ティム・ライムレス
英雄であることを背負わされた少年。
終始全体回復マシーンだった。

カノン
英雄の血に縛られた女性。
擬体キャラ。キャラは良いのに、味方になると弱い典型的なヤムチャキャラ。ジャンプシューズって殆ど使わなかったなぁ。

マリアベル・アーミティッジ
かつて英雄と共に世界を世界を守ったノーブルレッドの生き残り。
ようは青魔道士なんだけどFF同様めんどくさくてあんまり使わず。

非PT
アーヴィング・フォルド・ヴァレリア
ヴァレリア卿。司令官。そんなに偉くないハズなのに妙に強い権限と資金力を持つ謎の人。アシュレー君がやたら信頼していることもあり、初見で裏切る判定できる程怪しい。というミスリードを誘う人。妹さんとの関係がアレなのはいいけど、肝心の妹さんの出番が殆どないので最期の演出がもう少しパンチが足りない気が。

アナスタシア・ルン・ヴァレリア
かつて世界を救った英雄、剣の聖女。真ヒロイン。後世の英雄像と、等身大の女性とのコントラストを見せる口調が良い。別にルシエドいらないんで仲間になって下さい。

パン屋
ヒロイン。




キャラゲーだけど萌え萌えキュンキュン媚びすぎない。
当時のRPGは非常にバランス良いと思うのですが、いかがなもんでしょ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。